2009年04月28日

興奮冷めやまぬ・・

おはようございます!

TRIBELATEvol.23にお越しいただいた皆様、会場へはいらしていただけなかったですが暖かいご連絡をいただいた皆様、有難うございました。お陰様で、無事に興行を終了させていただくことが出来ました。

今回は、リングアナウンサーやDJ、音響、進行内容などいくつかの部分でこれまでとは違った形での挑戦や復活事項があり、当日はそれらがどんな風に形出るのかと正直不安な部分もありましたが・・あせあせ(飛び散る汗)、本当に試合ひとつひとつが大会全体を作り上げ会場がひとつになった何とも言えない臨場感が残りましたぴかぴか(新しい)

DSCF0485.JPG

当たり前のことですが、
音楽や映像、見やすさなど色々な面で他の大会とは違った特長を押し出しつつも、やっぱりお客様は格闘技の試合を観に来ていただいているので、試合内容が一番重要となってきます。

私たちが配慮する、より面白くする環境作りはあくまでサポートに過ぎません。


今回は、試合ひとつひとつが大会の枠を越えて、進行の流れも作り、そして何より大切にしている<ライヴ感>を会場全体に作り上げられたことが嬉しいですグッド(上向き矢印)
後日何人かの方にいただいた感想もそういったものが多く、主催側としては本当に嬉しく思います。

計算やカラクリでは敵わない、出場する選手やセコンド、観客、レフェリーや出演アーティスト、バックで動くスタッフなど会場にいる人たちのそれぞれの思いで、大会そのものが作り上げられるものだと、改めて感じます。
それが、会場でしか味わえないライヴ感だってことが再確認できた大会でした。

そして、またそれを楽しみたいって思える大会でした(´ー`)

GBRさんに詳細でてます♪⇒こちら
posted by TRIBELATE Staff at 10:13| Comment(0) | 大会関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif